スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の中の永遠の怪獣王

ですとろいあが降臨いたしました


どうもみなさん。
昨日は午前4時まで起きていたですとろいあです。
まぁ俺にしちゃぁ頑張った方だね。え?PCで遊んでただけですが何か?

で8時半に起きましたね。
何もこんな所で4時間半睡眠することもないだろうに・・・

ぶっちゃけ暇でした。
なので・・・久々にゴジラ養分を蓄えることにしました。


バカなので一気に3作も見ましたよw

最初
あー久々にゴジラ見てーなーそうだなとりあえずキングギドラで笑うか


しばらくした後
やっべモスラも見たくなった何でだろうな


そして世紀末へ・・・
ここまで来たら男のロマンも見なきゃなwww



スペゴジ以降も見ようと思いましたがさすがに疲れるのでやめました。
スルーされてるビオランテもかわいそうだしなw





とりあえず思った。
VSシリーズの良さを再確認。

もう何がいいかってね。
制作者さんたちの魂が伝わってくるところ・・・かな。
ここら辺は、ある一定の境界を越えないと分からないかもしれないですがw

一時期見過ぎて軽く飽きていたので、久々に見るといいもんです。
今思えば、VSシリーズも20年近く前の作品となってしまってるんですよねぇ・・・
それであのクオリティは、やべぇ。



VSシリーズはきちんとした続編になってるのがいいですね。
ゴジラがどうなっていくかを見ていくのが楽しいです。
常に人類の敵というポジションは変わらないんですが・・・
最期はとても悲しい。
ここまで感情移入できるゴジラは中々いないんじゃないかと思います。
ってか怪獣でもおらんわ。

なぜVSのゴジラが感情移入しやすいか。
それはこのゴジラがよく感情をあらわにするからでしょう。
このゴジラは唯一涙を流すゴジラ・・・2回流しました。
元もおとなしい雑食性の恐竜です。
そしておそらく最も人間との関わりが深いゴジラである点も。

はっきり言ってかっこよすぎますね。
ここまで来ると卑怯です。本当に。
戦闘能力も歴代最強クラスとか・・・
良いところしかない。


暇なのでVSゴジラの詳しい紹介でもしようかなwしたくなった。



・出生~

 恐竜ゴジラザウルスがビキニ環礁の水爆実験を受けて怪獣化した姿。
 が、その誕生の経緯についてはVSキングギドラの時に行われた歴史の修正により色々とややこしくなっている。
 考えすぎると頭が大混乱してしまうため、やめておいた方が懸命。
 84ゴジ~ビオゴジと、ギドゴジ~デスゴジが同一個体かどうかは不明。
 劇中で登場したゴジラザウルスは54年にゴジラとなったと語られているため、本来初代となるはずだった個体が
 ギドゴジ~デスゴジになったとも言われている。
 が、これだとなぜ初代になるはずの個体を消したはずなのに現代の84ゴジ~ビオゴジが消えるのか、となる。
 そのため、この設定だとすると初代は死んでいないということになる。
 しかも初代=84ゴジ~ビオゴジとなってしまう。
 だが後のVSデストロイアで初代は本来の設定通り死んでいることが明かされている。
 そのため、84ゴジ~ビオゴジとギドゴジ~デスゴジは同一個体と見なすのが妥当か?


・強さ~

 戦闘能力は極めて高い。
 ゴジラ以外の怪獣さほどに言えることだがもちろん通常兵器は効かない。
 特殊兵器でもほとんど効かない。
 さらに他怪獣に対しても強く、1対1で負けるということはVSシリーズ前期には全くなかった。
 良くても引き分け程度で、さらに戦いが終わった後すぐに復活したりする。
 単純な戦闘力でゴジラを上回ったのは、スーパーメカゴジラやスペゴジ、デストロイアぐらいのものであろう。

 基本、敵の攻撃を受けてから攻撃するタイプである。
 なので攻撃するより受けている時間の方が長い。
 ゴジラが放った放射熱線の数と比べると敵の放った光線の回数は倍以上差が起こる時もある。
 そしてほとんど避けない。(避けれないの間違いじゃないのか?とか言わない
 ボディで受け止める漢なのである。

 放射熱線の威力は全シリーズでも強力。そして主力武器でもある。
 熱線メインで戦う場面も少なくなく、燃費もいいようである。
 温度は10万℃。(ただしこれはゴジラの熱線共通っぽい
 ビオランテの体を吹き飛ばし、メカキングギドラを9発で沈黙させる。
 バトラは5発程度で撃墜。メカゴジラ、スペゴジには全く効き目がなかった。
 スーパーX2のファイアーミラーを溶かすこともできる。

 キングギドラ戦時には、プラズマがかかった放射熱線を放った。(ハイパー放射火炎と昔の本には記載)
 この熱線は今後一切登場しないので、パワーアップ直後などの条件があるのかもしれない。
 キングギドラを4発で撃破。真ん中の首を吹っ飛ばし翼に穴を空けた。

 スーパーメカゴジラ戦でラドンの力を授かった際には、ウラニウムハイパー熱線を放つようになっていた。
 通常青い色の熱線が赤くなった状態で、当然凄まじい破壊力を誇る。
 スーパーメカゴジラを9発で大爆発炎上させた。
 同時に金色の粉を大量に体から出している。
 これはスーパーメカゴジラの超耐熱合金の装甲を溶かすほど強力なものだった。

 スペースゴジラ戦では、スペゴジのエネルギーを逆吸収し、
 バーンスパイラル熱線を放った。これも赤い熱線で、90万℃の破壊力を誇る。
 温度だけで決めてはいけないと思うが実に通常の熱線の9倍の威力。
 エネルギーが切れ満身創痍のスペゴジを4発で撃破。
 ついでにMOGERAも巻き込んで大破炎上させた。MOGERA・・・お前の勇姿は忘れない。

 デストロイア戦では、住んでいたバース島が天然のウランの核分裂で消滅したために赤い姿になった。
 この状態では常に赤い熱線を放つ。詳しい威力は不明だが、以前に増して威力が上がっている。
 香港の高層ビル群が一瞬で燃え上がってしまった。
 熱線は様々なバリエーションがあるらしく、赤と黄色の混ざった感じのものがメインだが、
 体内放射の後の真っ赤な熱線もある。
 また最期に放ったハイパー熱線は、熱線にスパイラルがかかっており凄まじい破壊力を誇る。
 まず音も今までとは違い、同時に飛び出す体内放射は周囲の物を全て焼き尽くしていた。
 設定画には無限大に威力が上がり続けるインフィニット熱線と書かれていた。
 この設定を使うなら、あまりにもチートすぎる熱線である。
 実際、体力が全快したと思われるデストロイアを、5発でズタズタのボロボロにしてしまうほどなのだが。

 

 よく光線系の技は、しばらく出っぱなしにしての撃ち合いなどが見られるが(かめはめ波対決など)
 VSゴジラにはあまりない。メカゴジ戦での放射熱線VSメガバスターぐらいか。
 結構、単発系の技っぽく放射する場合が多いのである。
 そのため、上記の赤色熱線でもトドメを刺す場合は連射である。
 そこがまたVSゴジラの持ち味でもある。・・・と思うのは俺だけかもしれない。
 逆にミレニアムシリーズでは、撃ち合いや出しっぱなし熱線などの演出が多い。


 ちなみにここまで書くと遠距離戦メインのようにも思えるがやはりゴジラである。
 格闘能力も当然高い。だがこのゴジラは軽快にジャンプしたりということは全くない。
 そのため昭和やFWと比べると格闘能力は高くはない。
 ただパワー自体はとてもある。15万tのメカゴジラを軽々投げ飛ばす。
 投げ技は磨きがかかっており、突っ込んできた相手を逆に掴み投げ飛ばすことも。
 相手を何度も地面に叩きつけるゴジラプレスなる専用技をキングギドラとバトラ幼虫に使った。
 また爪にエネルギーを込めてひっかくこともある。
 噛みつき攻撃や体当たりもしていた。
 そしてやはりというか何というか尻尾は強い。
 ・・・はずが、意外と使われていない。メカゴジラ戦ぐらいしか記憶にない。
 モスラ幼虫にも使ったが、あのときは尻尾の先をかまれていたから振り回していただけ・・・
 ちなみに振り向く反応速度自体は速い。

 そしてVSゴジラの格闘の切り札と言えば体内放射である。
 これは全身から放射能エネルギーを一気に開放するという技。
 絡みつくビオランテの触手をはじき飛ばしたり、組み付いてきたキングギドラを吹っ飛ばしたり。
 モスラの鱗粉フィールドも一瞬で消し飛ばした。
 またメカゴジラにショック・アンカーを撃ち込まれた際、電流を逆流させてメカゴジをオーバーヒートに追い込んでいる。
 後は特に狙った攻撃として使ったものはないが、赤色熱線を使う前などによく赤い体内放射をする。
 特に上述のようにデスゴジの体内放射は近づいたら終わるレベルであった。




・経歴~

 最初は三原山に潜んでいたが、地殻変動の影響で長い眠りから覚め現れた。
 まずは原発を襲いエネルギーを吸収。
 その後自衛隊と品川で戦うが一蹴。
 新宿まで進行を進める。
 ここでスーパーXが発射したカドミウム弾によって活動が制御され、動かなくなってしまったが
 ソ連が謝って発射した核ミサイルを迎撃した米軍ミサイルの影響で雷が発生。
 ゴジラは目覚め、スーパーXを住友ビルごと粉砕。
 最後は帰巣本能により三原山へと誘導され、その火口に身を沈めていった。

 その後は三原山でおとなしくしていたが、G細胞を巡る陰謀の末三原山が爆破され、再び目覚める。
 自らの細胞からつくられたビオランテを目指すが、浦賀水道でスーパーXⅡと対戦。
 自分の熱線をはね返してくるスーパーXⅡに苦戦するが、結局はスーパーXⅡをコントロール不能まで追い詰める。
 そしてビオランテ花獣と出くわし、熱線で燃やし尽くす。
 その後大阪で再出撃したスーパーXⅡを撃破。だがG細胞を抑制するANBEを撃ち込まれてしまう。
 若狭湾沿岸にて自衛隊のサンダーコントロールシステムに遭遇。
 ANBEの効果が現れ、一時期自衛隊が有利かと思われたが結局は一掃。
 そこでビオランテ植獣が降臨し最後の決戦。最終的には引き分けに終わり、ゴジラは海へと帰っていく。

 ANBEの影響でその後2年は姿を現さなかったが、未来人の陰謀により消滅。
 だが核廃棄物や原子力潜水艦の影響ですぐに復活し、以前よりさらに強力に凶暴になって暴れ回る。
 復活直後にキングギドラと対決。首を吹っ飛ばし勝利し、ついでに未来人も消し去った。
 その後は札幌を破壊し尽くし、一度は海へ。
 東京に再上陸し、新宿まで進行を進める。そこで旧友と再会を果たす・・・
 最後は未来世界で復活したメカキングギドラと決戦。共に海へ落下するがゴジラはすぐに復活した。

 隕石の影響で活動を本格的に再開したゴジラ。
 理由は分からないがフィリピン沖でモスラを襲う。すぐにバトラとの戦闘になる。
 そしてバトラともども海底火山に呑み込まれていった。
 その後富士山を爆発させながら登場。マントルの中を潜り抜けてきた超タフな一面を見せる。
 迎撃してきた自衛隊を瞬殺し、モスラを倒したバトラと戦う。
 先制攻撃を仕掛けられるが実力は上でバトラをのしてしまった。
 だがモスラとバトラが共闘。2頭の合体攻撃の前にノックダウンされる。
 その後は2頭に遠い北の海へ運ばれるがバトラは撃破。だが海に落下した後にモスラに封印された。

 流れ出した核廃棄物の影響で再び活動を開始したゴジラはアドノア島の卵をかけてラドンと交戦。
 ラドンは倒すものの人類に卵を取られてしまう。
 卵の中身はベビーゴジラ(ゴジラザウルスの子供)のもので、直接の子供ではないが唯一の同族である
 ベビーを奪い返したいゴジラはベビーを求め四日市に上陸。
 その後鈴鹿でメカゴジラと戦闘になりかなり苦戦させられるがなんとか撃退。
 Gフォースをものともしない進撃でベビーを探し続けるが、結局は探しきれず去っていく。
 その後、同じくベビーのために戦ったラドン(ラドンはベビーの卵の隣にあった卵から生まれたため兄弟だと思っていた)
 を倒したメカゴジラと再戦。接近戦主体で戦いを有利に進める。
 だがガルーダとメカゴジラが合体、スーパーメカゴジラになってからは手も足も出ず、
 さらにはGクラッシャーにより下半身の動きを司る神経系「第2の脳」を破壊されてしまった。
 死の寸前まで追い込まれたゴジラだがベビーの鳴き声を聞きつけ再び立ち上がったラドンが、
 目的は同じと見てゴジラと融合。ゴジラは世紀末覇王として復活。
 圧倒的力でスーパーメカゴジラを粉砕し、ベビーと共に海へ去っていった。

 その後は南太平洋のバース島でリトル(ベビーが成長)と平和に暮らしていたが、
 宇宙に飛び出たG細胞と結晶生命が合体し突然変異を起こした怪獣スペースゴジラに宇宙規模の縄張り争いを挑まれる。
 リトルを必死にかばうゴジラであったが力の差は歴然であり倒されてしまう。
 リトルを幽閉され、怒りと悲しみに暮れるゴジラはバース島を離れる。
 超能力により企業マフィアに悪用されそうになるが、それを乗り切りゴジラはスペゴジを目指す。
 鹿児島で海軍を撃退したゴジラは大分で少しだけMOGERAとも交戦。
 そしてバトルフィールドと化した福岡でゴジラは本来自分を倒すために造られたはずのMOGERAと共闘。
 序盤こそ劣勢だったが、スペゴジの弱点を突き撃破。
 リトルの待つバース島へと帰っていった。

 そしてバース島の地下の天然ウランの核分裂が突然活性化。
 その影響で島は消滅してしまう。
 結果的に被爆したことになったゴジラはさらなる力を身につけ、体が所々赤くなっていた。
 だがこの姿は自分でも完全に制御が利かない、状態異常のようなものだった。
 このままいけばゴジラは核爆発を起こし地球が終わってしまう。
 離ればなれになってしまったゴジラジュニア(リトルが成長)を求めるゴジラはまずは香港を襲撃。
 その後はジュニア目がけて突き進む。
 途中でスーパーXⅢにより核分裂は制御され、核爆発の危機は避けられた。
 しかし今度はメルトダウンの危険性が高まる。これでも地球が終わる。
 そしてゴジラはついにジュニアとの感動の再会を果たす。
 が、そこでデストロイアが挑んでくる。
 ジュニアを殺され(たと思った)ゴジラは怒り、デストロイアと最期の死闘を繰り広げる。
 かつて自らの同族=初代を葬った兵器から生まれたデストロイア。
 そしてジュニアを失ったゴジラの戦いは、メルトダウンする直前まで続いた。
 そしてついにメルトダウンが始まってしまう。
 ゴジラは、怪獣王は、光の中に全てが還っていった・・・
 だがメルトダウンで大量にまき散らされた放射能が急激に減っていった。
 そこに立っていたのは・・・





・・・
ここまで熱くゴジラを語ったのも久々だぜ・・・
ウィキっぽく偉そうに書いてみました。
非常に細かい所まで書いていますがw
自分の脳味噌ではこんな感じで整理されてますね。
ホント、脳味噌の中身をまんま写しただけです。
何この俺得記事。

非常に疲れました。
・・・が、なぜか充実感がすっげーある。

どうしよう・・・
これからこんな感じで怪獣図鑑とか作れそうだわ(←やめろ


まぁVSはマジでいいですからねぇ。
ドラゴンボールで言うところのZ。時代的にもちょうどいい。
あまりいい評価とは言えないミレニアムは、まさしくGTポジションw
昭和後期と無印も似てるね。ノリが。

案外ゴジラとドラゴンボールは似ているということが判明した。
区分的・人気的な意味で。


では今日はこの辺で。
バイチャ。


昨日

腹筋40回 2セット
腕立て40回 2セット


坂6往復        済み
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

久々に解き放ちましたね本性w
気持ちは分かるぞ!!


ハイパー放射火炎か マニアックすぎてグーグル先生でも詳細が引っかからないぜ
知ってた俺は異端だね
あと 無限大に威力が上がり続けるとか お前はブロリーかと

モスラに封印されたはずなのにあっさり出現しててワロタと思ったら
そんな設定あったのね
でも化学物質に負ける封印て しょぼいよモスラさん(´・ω・`)

コメ返

>びんぞこメガネさん
本性解き放ちまくりです!wやりすぎたかなーとか思ってますが。
お理解をいただき誠に光栄であります大佐。(ぇ


まぁハイパー放射火炎というのは、90年代の低年齢向けの本に載ってた技名なんですけどねw
公式設定では正式な技名などないので、グーグル先生でも把握しきれていないのでしょう。
知ってる我々はちゃんと見てるって証拠ですよ。
ブロリーですよねーwわりとその設定画が世に出回ったのは最近っぽいんですけど。
でも性格的に1番ブロリーっぽいのは、GMKゴジラ。

モスラの封印は・・・いつか破られるものですからねw
バトラがVSモスラの時、過去の封印から復活した理由も環境破壊が進んだから らしいですよ。
で核廃棄物も環境破壊を促すもの・・・環境をぶちこわす系に弱いのか?
もっとも核廃棄物でゴジラの力が元に戻ったorさらに上がったから封印エネルギーをぶち壊したのかもしれませんがw
プロフィール

ですとろいあ

Author:ですとろいあ
ようこそ、
国連G対策センター宮崎支部へ。
日々ゴジラを打ち砕くことを妄想しつつ、
日記的なものをやっていく・・・
それが暇な宮崎支部の現状。
管理人は暇人かつ変人の
゛ですとろいあ゛という者である・・・

管理人は基本、日記を書き綴るが、
面白いネタがない場合は・・・
意味不な方向へ行ってしまうので注意。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。